イラストレーターにとって、美大と専門どちらが有利なのか考えた

こんにちは、bibicoです。
『イラストレーターになるには、美大へ行けばいいの?』という質問をいただきました。
私は美大出身なので、専門のリアルな事情はあまりよくわかりません。
でも、これまで沢山の絵描きさんとお会いしたり、人づてに聞いたお話をもとにちょっと書いてみたいと思います。

純粋に、どちらにも入れる技術があった場合で違いを見てみます

 

専門学校

  • 特徴
    ・デジ絵の専門的な知識を集中して学ぶカリキュラムが組まれている。
    ・お絵かきソフトの扱いを初歩から勉強できる。
    ・有名なイラストレーターが講演に来ることがあったり、授業があったりする。
    ・門戸が広い
    ・アートというよりは実務的な学習ができる
  • デメリット
    ・イラスト初心者の人から、上手な人までいるので、良くも悪くも自分次第

 

美大

  • 特徴
    ・油絵、版画、日本画、彫刻など、専門の学科に分かれている。
    ・試験に合格すれば転科も可能
    ・自分のアトリエで制作に集中できる。
    ・入学が難しいので、ハイレベルな環境に身を置ける
    ・その道のプロフェッショナルに教わることが出来る
  • デメリット
    ・saiやclipstudioなどのお絵かきソフトの授業は基本はない(photoshopは科目によってある)
    ・イラストレーターの講演や授業は外部のものに頼るしかない。

 

美大と専門、違いは沢山ありますが、
専門学校の大きな強みは「デジ絵を中心に勉強できること」なのだと思います

 

美大や専門学校以外のイラストの勉強コースの出現


昨今、ネットで学べるイラスト講座もどんどん充実してきてます。

 

・pixiv sensei
・Palmie
・ユーキャンのイラスト講座

 

などなど・・

イラストの勉強もしたいけど、時間がない、子供がいる、地方に住んでいる・・・といった方向けの講座です。
(使ったことがある人は、感想をおしえてください…!)
デジ絵の勉強をより手軽にできるような時代になってきました。

 

ちなみに私は、デジ絵は完璧独学です。
当時から、デジ絵のための参考書や、情報は沢山ネットにあったので、それらから勉強していました。
また、Photoshopの使い方などは上手な友人に聞いたりしたり‥
自分ひとりで勉強をした私でもデジ絵を描くには十分でした。

また、美大へ通ったことで感じるメリットは、周りがハイレベルな環境でデッサンや油絵を研究できたことで、当時学んだ事が、今イラストを描くために非常に役立っているなということです。
このメリットは、美大以外では得られなかったと思います。

 

結論


上記を踏まえると、「美大の方が有利」だと私は思います。

 

 

 

しかし!


美大も専門も、どちらも絵の勉強はできる場所です。
自分のやりたいことや環境によって分かれてきます。
学費、家族、子供、会社、年齢、などなど・・・
手軽にイラストの勉強だけしたいなら専門学校の方が向いていると思いますし、
家で学びたい人は自宅で出来るイラスト講座を受講するのもいいと思います

自分が通いやすい、学びやすい場所を見つけれられるといいですね(*´﹀`*)

 

 


 

■こんなことで悩んでいませんか?
・独学でキャラクターを描いているけど、描き方が合っているのかわからない…
・イラストの仕事をもらったけど、仕事の仕方がわからない…
・周りに相談できる人がいない!

このワークショップでは、絵を描く初心者の方から改めて学びたい人まで、誰でも楽しくキャラクターデザインを会得できます!

本講座の講師陣は、多彩な実績を持つ現役のイラストレーターです。
プロのイラストレーターから一人ひとり教わることができることで、今の自分に一番必要な情報を知ることが出来ます!

さらに、今回はワークショップ後に交流の時間を設けています!現役のイラストレーターの貴重なお話を聞ける絶好の機会となっております。一緒に楽しくキャラクターデザインについて学びませんか?

特別ゲストに、自らもフリーランスとして活躍をしながら、クリエイター独立サポートをしている阿部寿輝(あべとしき)さんをお呼びしています。